AKO インフォメーションセンター

真空輸送

AKOの空圧式ピンチバルブでは、媒体側(管内側)で-0.1バールを超える真空負荷をかけられた場合、バルブスリーブが真空によって萎縮します。これは、流体の流れとAKOピンチバルブスリーブの寿命にとり不利な影響を与えます。

真空吸引作業にお奨めのピンチバルブ

100mbarを超える真空吸引作業では、常に空圧式ピンチバルブ内で真空圧の補正が行われなくてはなりません。

最も簡単な補正は、バイパスを介して電磁弁の排出側から生じる純粋な真空を使うことです。

プロセスによる純粋な真空が利用できない場合や、真空発生源がピンチバルブから離れている場合は、AKOVACスイッチの使用をお勧めします。

AKOVAC制御装置ではピンチバルブスリーブを開き、そのままにすることが可能です。 輸送管内(パイプ管)の媒体側の真空使用は-0.8バールまで可能です。

AKOVAC制御装置

AKOVAC Komfortタイプ

AKOVAC Komfort は、ピンチバルブを閉じるための圧力と真空レベルを制御する制御圧力を別々に制御装置で設定することを可能にします。

こうして真空輸送の場合にピンチバルブを閉じるために必要な制御圧力が低いこと(1~2バール)と、場合によっては媒体側の真空の影響を打ち消すために必要となるやや高めの制御圧力を個別に設定することが可能です。

AKOVAC Basicタイプ

AKOVAC Basic は、一種類の制御圧力の設定しか許しません。空圧式ピンチバルブを閉じるための制御圧力は、同時に真空レベルを制御します。

ピンチバルブの制御

空圧式ピンチバルブは2~3barの差圧で制御する必要があることにご注意ください。過剰圧力なしに真空吸引作業のみ行う場合は、空圧式ピンチバルブの制御圧力/閉鎖圧力の推奨値を調圧弁で2~3barに減圧または調整することをお勧めします。

この措置により、エラストマー製スリーブの寿命/耐用年数を効果的に延ばすことができます。

AKOVAC Komfort
AKOVAC Basicタイプ

詳しい製品案内は、アクセサリーのページをご覧ください.